トップイメージ

外観

アパートの構造

積水ハウスの鉄骨住宅です。2000年(平成12年)2月に建てられました。
4世帯で一棟の構造ですから、どの世帯も窓が広く採れています。明るいです。
よくある一棟4世帯を超える構造の住宅では、真ん中に挟まれる世帯が出来てしまって、窓が前後しか採れないんですね。部屋が暗くなってしまいます。
また、両隣を他世帯に挟まれる事になって、物音にも気を遣わなければなりません。
その点、リビエラでは構造の他、下記の様に床、壁の材質にも気を遣っていますので、安心して住めます。
なんと言っても、「積水ハウス」ですから、その辺の木造アパートには絶対負けません。
又、隣り合わせになっているのは風呂場と玄関だけになってます。
だから、普段の生活では、隣の音はまず聞こえません。いいでしょ。嬉しい気配りです。
部屋の広さは、51.04u。結構広いです。
最近は、ロフトとか言って、玄関は1階にあって、2階があるのもありますよね。
でも、狭いですよ。間取りの中に階段が含まれてますからね。
更に、隣との壁が多くて、気を遣います。
大家さんの立場からすると、狭い面積で詰め込みができていいんですけどね。

外階段と言うのが部屋を広く使えるポイントなんです。
あっ、それから、カウンターキッチンとかも、間取りを狭くしますね。
場所とりますから。
玄関間取り図
入り口 吹き抜けの様になっており雨の日には重宝します。何故って、傘を折りたたんだり、とりあえず、車から走って逃げ込んだりできますから。
階段の下は、共用の自転車置き場としてお使いください。
さらに入り口ドアの高さは2.2m。大人が手を伸ばしても上まで届かない高さです。
結構、立派に見えます。又、大家さん自前による表札の作成サービスもしています。大家さん、結構マメです。って私の事です。
間取りは右世帯と左世帯を載せました。隣り合わせになっているのは浴室だけですので、殆ど隣世帯の音を気にする心配はありません。
又、全世帯角部屋ですので、外壁からお隣の家に音が漏れる事を心配しなくても大丈夫です。

生活音を防ぐ構造 ALCが天井に入っている贅沢な構造。一般的な木質系のアパートとは比べものにならない遮音性を発揮します。

断熱性

ハウスメーカの下記カタログを見てください。

建物の向き

南向きです。東向きや西向きなどで朝日や夕日に悩まされる事もありません。それはもう、日当たり良好!って感じです。

駐車場

2台並列駐車可能です。今時、並列は当たり前ですよね。縦列なんて面倒くさいことやってられません。
又、駐車スペースはベランダから5m程度離れている為、排気ガスに悩まされる事もありません。

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2017 rivap.com All Rights Reserved.